一般皮膚科

一般皮膚科 診療科目

アトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能(防御能力)の低下とアレルギー反応の両者により生じる疾患です。顔面、頚部、手足、体にかゆみの強い湿疹が、良くなったり悪くなったりしながら慢性に経過します。最近、一部のアトピー性皮膚炎では、フィラグリンという保湿にかかわる因子の異常が関係することがわかってきました。

やけど

その時々の症状によって外用剤を使い分けて治療を行なっています。最近ではやけどの治療に対する考え方もだいぶ変化し、傷の具合によってはサランラップのみで治療を行なう方法もあります。

じんましん

蚊に刺されたような皮疹が体のあちこちにできる病気です。強いかゆみを伴い、普通は数時間以内に消失しますが、くり返し出現することもあります。原因は、疲れ、ストレス、かぜ、おなかの調子、温度差、発汗、薬剤、食物アレルギーなどです。

みずむし

白癬菌やカンジダなどにより生じます。
足が好発部位ですが、それ以外の部位にも出現することもあります。
治療は、外用剤、内服により行ないます。爪に感染した爪白癬、足の裏が硬くなる角化型の足白癬は内服による治療が第1選択となります。

いぼ

手のひらや足のうらにできる“いぼ”は、パピローマウイルスにより生じます。一般的には液体窒素で治療しますが、治療に抵抗する場合や早く治したい場合は炭酸ガスレーザーで治療を行ないます。

うおのめ・たこ

両者とも、足に慢性的な刺激がかかることにより、皮膚表面が徐々に角化してきて生じてきます。たこは痛みがありませんが、うおのめは角化した部分が皮膚の深くまで入り込み、歩いたり強く押したりすると痛みを感じます。硬くなった部分を削るなどの処置を行ないます。

とびひ

主にこどもにみられる皮膚病です。感染した場所が赤くなり、透明から黄色ににごった水疱ができてきます。黄色ブドウ球菌や溶連菌が出す毒素で症状がでてきます。これらの細菌に対する抗生物質などの内服、外用で処置します。

ほくろ

母斑細胞という細胞が皮下に増殖したり、皮膚の色素を作る細胞が増殖して生じます。これらの細胞が、皮膚のどの部分に分布しているかによって治療法が変わってくることもあります。保険診療では、メスで切除し細かい糸で縫合し、取った組織を病理検査に提出します。

巻き爪

巻き爪の治療には、超弾性ワイヤーを使用するもの、形状記憶合金を使用するもの、手術療法があります。
どの方法が適しているかは、診察を行い決めていきます。
詳しくはこちら

脂漏性角化症

年齢とともに顔、首、体などに出現する茶色から黒褐色の多発するイボです。これは、子供のいぼと違って良性腫瘍の範疇に入ります。小型のものは、液体窒素で簡単にとれます。治療時間は、10−20秒くらいです。

その他(かぶれ、顔・体のかさつき、虫さされなど)

皮膚に発生した症状・疾患は、何なりとご相談下さい。




広尾皮フ科クリニック

東京・広尾皮フ科クリニック(美容皮膚科)では、しみしわアンチエイジングにきびほくろ除去についての 無料相談をメールで 24時間受け付けております。どんな小さな悩みでもお気軽にご相談下さい。

TEL:03-5795-1112
FAX:03-5795-1113
Mail:info@hiroodc.com
月〜金 / 10:30〜14:00・16:00〜19:30
土   / 10:30〜14:00・16:00〜18:00
休診日:日曜日・祝日
〒150-0012
渋谷区広尾5-25-5 広尾枡儀アネックスビル1・2F
東京メトロ日比谷線 広尾駅徒歩5分/広尾病院前バス停(新橋→渋谷方面)目の前
アクセス方法
このページの先頭に戻る